不均等な時間

著者:内山節

 前置き:

現代文で学ぶことは大きく分けて二つ。二項対立(論理構造)と、抽象的思考と具体例の識別です。この技術を使って文章を要約できさえすれば、人生に必要な国語力は十分です。

 現代文では今と昔、日本と海外、一般論と筆者の持論というように、対比軸をもって物事を論じています。これを二項対立といい、何と何を対比しているのか、筆者の意見の根拠は何か、論理構造を考えることが大事です。

 また、筆者は抽象的な持論を持っており、その持論を具体例で補強しています。筆者は結局何が言いたいのか。抽象的思考と具体例を識別できるようになりましょう。

 今回は対比がわかりやすいです。何と何をどんな観点で比べているのかについて細かく読んでいきましょう。

要約文:

第一段落: 鍬や鋤を使った伝統的な農業を営む上野村と、大型トラクターで大規模農地を切り開いて収入をあげる隣村。上野村の人々は隣村の様子に感嘆をあげながらも、決して真似しようとしない。

  対比: 上野村と隣村の価値観。隣村の真似をすることは農業形態だけではなく、生き方や存在を変えてしまうことであり、それゆえに真似しようとは思わないのだ。

 具体例:

 上野村は毎年同じ季節を迎えることに価値をおく。春がくれば山菜取り、秋がくればキノコ狩り、1日の中でも昼には農業をやりつつ、夕方になれば川で釣りを楽しむ。人々は自然の営みに従って柔軟に農業や暮らしを営む。

 対して隣町では時間で管理を行う。そこに流れる時間は、経済価値を生む時間か、そうではない時間かである。時間は客観的に規則正しく動き続け、それに従って農業を行う。


第二段落: 近代化とは時間の合理性を確立することである。世界が近代化するにつれて、人々は伝統的な時間世界から離脱し、合理的な時間世界へと住み移らねばならなかった。時間の合理性の確立とは、第一に時間の客観化、第二に時間の等速性、第三に時間の不可逆性、第四に時間の価値基準の確立である。

🐿の補足: 時は誰に対しても平等。1秒は誰にとっても1秒。楽しい時も苦しい時も全部同じ時間。私たちは時計を持つことによって、そういう価値観に染まりました。あれ、楽しい時はあっという間に時間が立ちますし、苦しい時は1秒1秒がとんでもなく長いですよね。ほんとに等速性なんでしょうか?


第三段落: 近代化の結果、自然と時間の間に矛盾が発生した。

 矛盾1: 自然は多様な循環スケールが重なり合う。時間は時に歩みを早め、時に静かにそこにとどまる。そこに近代的な時間基準を持ち込んで、森や川を管理しようとした結果、自然の時間を破壊しながら自然の存在を追い詰めていったのだ。

🐿の補足: 1日は24時間でセット。それを基準に毎日規則的に同じく回る。それは人間にとっての基準であり、自然にはそれ以外の基準が山ほどあるわけです。例えば森の木の循環は数十年。火山も何百年単位で循環するし、台風など災害などは規則だってきてはくれません。そんな破天荒?な自然に対して、規則的に支配しようとすると、どこかでズレが生じます。これが近代化がもたらした矛盾です。

 矛盾2: 一次産業や、一次産業と結びついた地域社会でも矛盾が起こっていた。一次産業である農業、林業、漁業では、自然の営みを壊さないように「ほどほど」にする必要がある。しかしその価値観は第二次産業以降、商品生産という観点では「あればあるだけよい」という価値観と対立する。


第四段落: 近代化するにつれて、自然の時間は商品生産の時間に支配されるようになってしまった。しかし、それは自然を破壊することである。つまり第一次産業では、時計に従って合理的な経営を推進することが、最終的に経営を破綻させるという自己矛盾を成立させてしまうのである。


どんな話か理解できたでしょうか。

 🐿はばちばちの現代っ子なので、筆者のいうように「昔の江戸時代のように、自然の中で汗水垂らしながら自分で作った農作物こそが最高!」とは考えたくないですね。。楽できるならそれに越したことはないです(ドヤっ)。今の農業形態が自然を壊すなら、化学を使ってその土地の自然と適合するように思考錯誤するのが現代人。人間の時間が自然を壊すなら、それぞれの時間を学んで適応すればよい。思考停止で毎日「がんばって」働くのがいいとは思えないです。どうすれば楽して結果を出せるかを考えるのが「合理的」な経営だと思うし、二項対立の軸としては単純すぎるなーと読んでて思いました。っと。

それはそうと、近代化と時間の価値観は、現代文の題材として鉄板です。こちらでもその価値観について議論されているので、ついでにどうぞ。

======ここから宣伝======

大学で入試形式を一般入試かAO入試かにするか迷っている方へ。

AO入試を受けたとして合格できるかどうかを判定します。

一般入試、筆記試験の合否判定は模試の結果を見れば大体わかります。

AO入試も同じです。経験を積んだプロが見れば受験の前に合否がわかります。

気になる方はtwitterのアカウント(@logsupport_sns)に下記の情報4点を埋めてDMしてください。

合否判定と簡単な理由を添えて返します。

1、受験する大学名と学部名、偏差値、

2、自分の直近の模試の偏差値。(模試を受けてなければ高校の偏差値でもよいです)

3、受験校のホームページやパンフレットを読みながら、受験校のAO入試が求めていることを下のA~Eからあてはまるもの全て選択してください。

 A, 在学中がんばったこと(自己PR)

 B, 入学後の学習計画(もしくは将来の夢)

 C, 調査書

 D, 課題(読書感想文や論文など)

 E, その他

4、3に対する回答(箇条書きで可。分量はそれぞれ100字以上(程度)あればよし。ちゃんとした文章にする必要はないです。)

 *志望校が決まっていなかったり、3の調べ方がわからなければ、A, 在学中がんばったこと(自己PR)とB, 入学後の学習計画(もしくは将来の夢)を書いてください。

A, 在学中がんばったことは自分の自慢できることでいいです。わかりやすく賞をとったことでもいいし、コミュ力が高い、家事を毎日頑張ってる、などでも詳しくかけるなら可能です。

B, 入学後の学習計画は、ふんわりと興味のある勉強を生かしてこういうのやりたい、とかければベストですが、大雑把に興味のあることや今ハマっていることでも全然大丈夫です。オンラインゲームやバイトの内容でも詳しく書けるなら可能です。

合否判定と簡単な理由を添えて返信します。費用はpaypay払いで500円です。当たるも八卦、当たらぬも八卦。気軽にDMしてきてください。

不均等な時間” に対して1件のコメントがあります。

  1. けんこすて より:

    全体の要約があればありがたいです

  2. まめまめ より:

    全体の要約を200字程度でしていただけないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)