ホンモノのおカネの作り方

著者:岩井克人

 前置き:

現代文で学ぶことは大きく分けて二つ。二項対立(論理構造)と、抽象的思考と具体例の識別です。この技術を使って文章を要約できさえすれば、人生に必要な国語力は十分です。

 現代文では今と昔、日本と海外、一般論と筆者の持論というように、対比軸をもって物事を論じています。これを二項対立といい、何と何を対比しているのか、筆者の意見の根拠は何か、論理構造を考えることが大事です。

 また、筆者は抽象的な持論を持っており、その持論を具体例で補強しています。筆者は結局何が言いたいのか。抽象的思考と具体例を識別できるようになりましょう。

 本文を読むとなにやら小難しい言葉が目立ちますが、対比さえ整理できれば至極単純なお話です。主題は何か。その問いに対して何と何が比べられているのか、結論としてどんな答えにいきつくのか整理しながら読みましょう。

要約文:

第一段落: ホンモノのおカネの作り方は至極簡単である。ニセガネを作らず、ホンモノのおカネを作らないようにすればいいのである。どういうことか

江戸時代について語りながら説明しよう。

 対比: ホンモノのおカネの作り方

🐿の補足: お金の作り方とありますが、ここでは偽金作りのことを指しています。古今東西、様々な人々が本物のお金ににせようと偽金を作ってきたわけです。どうやってホンモノのおカネを作るのか。この命題に対して一般論としては科学知識やIT技術など、「科学技術」が思いつくと思います。しかしその一般論に対して筆者はNoをつきつけます。さて、筆者はどうやって「ホンモノのおカネ」を作るというのでしょうか?


第二段落: 江戸時代で流行った偽金作り

 具体例: 省略。当時の科学技術の粋を集めてホンモノそっくりの小判が作られていました。


第三段落: 江戸時代で流行った両替屋の預かり手形

  対比: 前段落の偽金作りと預かり手形はどう違うのか

 具体例: 預かり手形とは金貨銀貨との引き換えを保証する短冊形の紙切れのことである。実際に預かり手形を両替屋に持っていけば誰でもその紙に書かれた金貨銀貨を受け取ることができる。持ち運びも保管も「ホンモノの金貨銀貨」に比べて楽だったため当時の大阪では99%が紙の手形を通して商取引が行われたと言う。

 この預かり手形は逆説的な作用をもたらした。本来は金貨銀貨こそが価値があるのに、それの代替品にすぎない紙きれの方が金貨銀貨に代わって流通するようになってしまった。紙切れが「ホンモノのおカネ」になってしまったのである。

🐿の補足: 「逆説」という言葉がキーワードになってます。逆説とは、真理と反対なことを言っているようで、よく考えると一種の真理を言い表していることをさします。本来金貨銀貨にこそ価値があり、紙切れである預かり手形には価値がないはずです。しかし実際には預かり手形の方が価値ある「ホンモノ」として流通しています。なんと逆説的な!というわけです。


第三段落: ホンモノのおカネの作り方とは、ホンモノの金に似せることをいうのではなく、ホンモノのおカネに代わってしまうことをいうのだ。

  対比: ホンモノに似せること VS ホンモノに代わるものを作ること

 具体例: 偽金はいかにホンモノに似ていても、それがホンモノになることはない。

 対して両替屋の預かり手形から現代の銀行券、小切手やクレジットカードがホンモノのお金に代わって流通している。ホンモノとは似てない故に、ホンモノになることに成功したのだ。


第四段落: 誰もがホンモノのおカネを作ることができるわけではない。預かり手形が成功したのはその紙切れを保証する両替屋の資金が背景にあったからである。それがないところでは成功しなかっただろう。よって我々は偽金を作ることか、ホンモノのお金の作り方について科学することしか道はないのである。

🐿の補足: 現代はまさにキャッシュレス時代。新しいホンモノのお金が爆誕している時代です。例えば2019年に知名度をあげたPayPayは、現金を使わずとも商取引を完結させてくれます。もはや形すら不要です。株券や仮想通貨、ブロックチェーンなど、これからどんどん新しい「ホンモノのおカネ」が増えるでしょう。ホンモノのお金の作り方について科学した結果です。


どんな話か理解できたでしょうか?

小難しい言葉は無視して要約してみました。本文の語彙レベルは難しいですが、対比さえ整理できれば簡単な話だったりします。普段の文章でも「対比」を意識してみてくださいね。

======ここから宣伝======

大学で入試形式を一般入試かAO入試かにするか迷っている方へ。

AO入試を受けたとして合格できるかどうかを判定します。

一般入試、筆記試験の合否判定は模試の結果を見れば大体わかります。

AO入試も同じです。経験を積んだプロが見れば受験の前に合否がわかります。

気になる方はtwitterのアカウント(@logsupport_sns)に下記の情報4点を埋めてDMしてください。

合否判定と簡単な理由を添えて返します。

1、受験する大学名と学部名、偏差値、

2、自分の直近の模試の偏差値。(模試を受けてなければ高校の偏差値でもよいです)

3、受験校のホームページやパンフレットを読みながら、受験校のAO入試が求めていることを下のA~Eからあてはまるもの全て選択してください。

 A, 在学中がんばったこと(自己PR)

 B, 入学後の学習計画(もしくは将来の夢)

 C, 調査書

 D, 課題(読書感想文や論文など)

 E, その他

4、3に対する回答(箇条書きで可。分量はそれぞれ100字以上(程度)あればよし。ちゃんとした文章にする必要はないです。)

 *志望校が決まっていなかったり、3の調べ方がわからなければ、A, 在学中がんばったこと(自己PR)とB, 入学後の学習計画(もしくは将来の夢)を書いてください。

A, 在学中がんばったことは自分の自慢できることでいいです。わかりやすく賞をとったことでもいいし、コミュ力が高い、家事を毎日頑張ってる、などでも詳しくかけるなら可能です。

B, 入学後の学習計画は、ふんわりと興味のある勉強を生かしてこういうのやりたい、とかければベストですが、大雑把に興味のあることや今ハマっていることでも全然大丈夫です。オンラインゲームやバイトの内容でも詳しく書けるなら可能です。

合否判定と簡単な理由を添えて返信します。費用はpaypay払いで500円です。当たるも八卦、当たらぬも八卦。気軽にDMしてきてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)